動物たち老人ホームを訪問

Photo

【笑顔でカワウソと握手するお年寄り(14日、白浜町椿で)】
 敬老の日(18日)を前に白浜町のサファリーパーク「アドベンチャーワールド」は14日、小動物を連れて同町椿の老人ホーム「椿園」を訪問した。
動物たちがかわいらしいしぐさでお年寄りをなごませた。

 5年ほど前から続く恒例の催し。
この日、訪れた動物はコツメカワウソ(雌9歳)やワオキツネザル(雄8歳)など6種類、計7匹。

 お年寄り約70人が、順番になでたり、抱いたりして楽しんだ。
カワウソが甘えて「キュー、キュー」と鳴くと、参加者らは「かわいい」と顔をほころばせた。
別れ際には動物たちと握手しながら「今日は本当にありがとう」「また来てね」と声を掛け、別れを惜しんだ。

 鳥渕光利さん(77)は「特別に動物が好きではなかったが、みんなかわいくて楽しかった」、有木栄さん(85)は「犬にたくさんなめられた。
家で犬を飼っていたのでうれしかった」と喜んだ。

 堅田盛生園長は「お年寄りたちは普段よりずっと明るい表情だった。
これからも続けてほしい」と話した。

 19日に同町内の老人ホーム「無憂園」を、20日に「百々千園」を訪問する予定。

[ 2006/09/15 (金) ]