犬放し飼いシーン「ダメ」

犬放し飼いシーン「ダメ」、条例違反の指摘でCM中止

 神奈川県鎌倉市の海岸を犬が走る日清製粉グループ本社(東京都)のテレビコマーシャル(CM)が、飼い主のマナーを定めた県条例に違反すると視聴者の指摘を受け、差し替えられることが13日、わかった。


 県動物愛護管理条例は、犬を放し飼いしないよう求めており、県は「直ちに条例に反しないが、マナーについて誤解を与え、望ましくない」としている。


 同社によると、問題となったのは、放し飼いの大型犬2頭が飼い主のもとへ走り寄り、じゃれ合う場面。
グループ各社のイメージ広告で、首都圏で4月中旬から毎週日曜日の夜に放映されていた。


 撮影地は、鎌倉市の七里ヶ浜海岸で、県の許可を受け、3月末、警備員を置いて撮影した。
CMは、撮影地が記されていないが、風景から神奈川県内と判断した視聴者が11日、「県条例に違反するのではないか」と指摘。
同社は、県に照会し、12日にCMの差し替えを決めた。

[ 2006/09/14 (木) ]